読む肺音 視る肺音

CONCEPT

身体診察は五感を鋭く働かせることが重要です。しかし、聴診器の構造・特性、肺音の発生機序や伝播について深く理解していなければ、聴診音から病態を正しく推察することはできません。
本書は身近で手軽な聴診器を生涯にわたって、有効に活用するために「読んで、視て、聴いて」学べる肺聴診の実践書です。

本書の特徴

  • ●「肺音がなぜ、どこで発生するのか」を系統だてて学ぶことができます。
  • ● 肺音解析画像により視覚的に音の特徴を理解することができます。
  • ● Webで肺音を聴きながら肺音解説と症例の胸部画像を同時に見ることができます。

Webサービス

本書をご購入いただいた方は、肺音の正常音・異常音・肺音解説と症例の胸部画像をダウンロードすることができます。各肺音の解説は本書をご参照ください。


※オンラインサービスのご利用にはユーザー登録が必要です。登録がお済みでない方は「ユーザー登録」ボタンよりご登録の上ご利用ください。

  • 10163P
  • 本書のご購入はこちら

初めての方はこちら

  • 新規ユーザー登録
  • ログイン